自分の車の値段を知りたい!中古車の査定方法や高く売る方法も解説

自分の車の値段を知りたい!中古車の査定方法や高く売る方法も解説

自分の車を売るときの値段を知っておくと、何かとメリットがあります。より正確な値段を知るには、どのような方法があるのでしょうか。今回は値段に影響する要素や、できるだけ高く売るためのポイントも紹介します。

この記事は約8分で読み終わります。
最強買取jp

自分の車の値段を調べる方法は?

まずは、自分の車の値段を調べる方法と、調べるメリットです。

自分の車の値段を調べる方法

車の値段を調べる方法は、大きく分けて3種類あります。

まずは、中古車販売の雑誌やWebサイトで調べる方法です。車種とグレードだけで、簡単におおよその買取価格と販売価格を見つけられます。雑誌を購入するにはコストがかかりますが、Webサイトを見るのは無料です。ただし、ここで見られるのは、主にその車種やグレードの中古車すべての平均値だけです。年式や走行距離などの情報が含まれていないので、実際の値段とはかなり幅があります。

次に、中古車買取系のWebサイトで検索する方法です。車種とグレードに加えて、年式や走行距離といった情報を入力できるので、より詳しい値段が分かります。ただし、こうしたWebサイトで表示される価格は平均的な使用感のある車を想定しており、オプションの有無や車のコンディションについては考慮されていません。

また、ディーラーや中古車買取店に査定を依頼する方法があります。車種や車の状態から正確な価格を知るには、車を直接見てもらうのが一番です。査定額に納得すれば、そのまま売却手続きができます。ただし、車の査定は必ず立ち合いが必要です。査定から価格交渉まで少なくとも1時間かかるので、時間や手間がかかります。

自分の車の値段を知っておくメリット

自分の車の値段を知っておくメリットは、売却するときに交渉の材料になることです。

し、相場を知らない状態で車を売却しようとするとどうなるでしょうか。業者に提示された安い価格で、言われるまま売ってしまうかもしれません。自分から価格を提示する場合も同様です。希望買取価格が相場より低いことを知らず提示すれば、自社の利益のために、業者はそのまま交渉を進めてしまいます。逆に、高すぎると相手にしてもらえません。

自分の車の値段を知っていれば、堂々とその価格を提示できて、根拠も説明できるでしょう。自分の車の値段を知ることは、価格交渉のポイントになるのです。

このほかにも、複数の買取業者に査定してもらうときや、業者に競争してもらうときも有利です。自分の車の値段を基準に、それより安い業者にはお断りをして、高い買取額を提示するところと交渉することで、さらに高い買取額を提示してもらえるかもしれません。

中古車の買取価格に影響を与える5つの要素

次に、どのような要素が中古車の買取価格に影響を与えるのか見てみましょう。

①年式

年式とは、車が新車登録された年のことです。しかし、中古車の買取においては新車登録の年数を表すので、少なければ高年式、多ければ低年式と呼ばれます。

中古車買取業者は、高年式で現行型に近いモデルのほうを高額で買い取ります。なぜなら車は使用年数が長くなるほど、部品が劣化するからです。

古車市場では高年式ほど人気が高く、低年式は安くしないと買い手が見つかりません。特に節目となるのが3年、5年、7年、10年です。

3年経つと初めての車検を迎えます。メーカーの標準保証も切れる年です。車によっては、新車価格の5~7割で売却できるでしょう。

5年になると2回目の車検を迎え、メーカーの特別保証も切れてしまいます。大きく買取価格が下がる時期です。

7年は3回目の車検があり、多くのドライバーが乗り換えを検討します。10年経つと、維持費が高額になるため、中古車として売るなら安くしても買い手がつきません。

車を売却するなら、こうした節目を迎える前が良いでしょう。

②走行距離

走行距離は、普通車が年に1万km、軽自動車が年に8千kmが基準です。それより多いと過走行と呼ばれます。

走行距離の節目は5万kmと10万kmです。5万kmが超えると買取価格が大きく下がります。また、10万kmはタイミングベルトや補機類などエンジンの主要な部品が寿命を迎えるタイミングです。

ただし、走行距離が少なければ良いわけでもありません。車種や状態にもよりますが、あまりに走行距離が少ないのも、査定額が下がる傾向にあります。倉庫で使われずに放置されていた車も同様です。車は走らせていなくても劣化します。そのため、査定額に響くのです。最低でも年に3,000km以上は走らせておきましょう。毎日こまめに走らせると、劣化するのを防ぎやすくなります。

③車体色

車の色は、白や黒といったモノトーンが万人に好まれ、ほかの色よりも買取価格が高くなります。特にオプションのパールホワイトやシルバーが人気です。

それ以外の色で需要があるのは、そのメーカーやブランドのイメージカラーになっているケースくらいです(マツダの赤など)。特に紫や茶色、オレンジなど個性的な色は好みがはっきりと分かれます。誰でも買いたがる色ではないので、買取価格が下がる傾向にあります。

最強買取jp

④修理歴などの車の状態

きれいで状態の良い車の査定額が高いのは、いうまでもありません。

しかし、事故歴や洗車傷、車内の汚れは要注意です。たとえば、板金、塗装、修理の跡があるのはマイナスです。特にフレームなど車の基礎となる部分を修復しているのは、大きく減点されます。室内では、タバコのヤニや臭い、ペットの毛や臭いがマイナスです。染み付くと臭いは取りにくいので最初から吸わない、乗せないほうが良いでしょう。

ただし、修復歴がある車でもダメージを受けた部位や状況によって、評価が分かれます。詳しくは査定のときに確認してもらいましょう。

⑤装備品

装備品では、保証書、整備手帳、取扱説明書、スペアキーを揃えておくと査定額は上がりやすくなります。オプションの中ではサンルーフ、安全装置など、製造時に取りつけられるメーカーオプションを装備しているとプラス査定してもらいやすいです。

手元にあれば、純正品のオプションパーツも用意しておきましょう。モノにはよりますが、プラス査定してもらえることがあります。

車の装備品ならカーナビを付けている人も多いでしょう。純正で大画面のHDDタイプに人気があります。装備していれば、査定に上乗せしてもらえることが高いです。

自分の車を少しでも高い値段で売るポイント

同じ車でもちょっとした工夫で、多少は高く売ることが可能です。そのポイントを2つ紹介します。

売却前に車のお手入れをしておく

車の手入れといっても、普通に洗車して、車内を掃除するだけです。ワックスがけやコーティング、業者のクリーニングといった特別な手入れは必要ありません。

車をきれいにしておけば、査定するときに業者の印象が良くなります。汚れたままの車は雑に扱ってきたと思われて、隠れた不具合が潜んでいると疑われるかもしれません。

確かに、特別な手入れをすれば、もっときれいになりますが、そこにかけた費用の分だけ査定額が良くなるわけではありません。できる範囲で済ませておきましょう。

傷も同様です。修理できれいにしても、それを上回る査定額は見込めません。だからといって自分でDIY修理するのも、かえって傷を目立たせる原因になります。

また、装備品や保証書などの必要書類を用意することと、トランクなどに入れているムダな荷物は下ろしておくようにしましょう。

最強買取jp

1月~3月に売る

中古車を売るなら、1月~3月です。進学、就職、転居などの時期は中古車をほしい人が増えます。その需要に合わせて中古車の在庫を多くそろえたい業者は、1月~3月に買取価格を上げているのです。続いて9~10月も中古車需要があり、査定額を上乗せしてもらいやすいでしょう。

このように、高く売るなら、時期を選ぶのも大事なのです。

売却先は中古自動車の買取業者がおすすめ

車の売却先は、ディーラーと中古車買取業者で迷う人も多いでしょう。おすすめは、中古車買取業者への売却です。

ディーラーへの売却は「下取り」扱いになり、新車の値引きに使われます。中古車買取業者なら高値をつけられる車でも、ディーラーには新車の値引き可能額を超えられないという限界があります。さらに、ディーラーは新車を販売するのが本業で、下取りした車を再販する手段が少ないため、査定額は中古車買取業者よりも低めです。

それと比べて、中古車買取業者は自社で再販したり、業者間オークションで流通させたりするだけでなく、海外へ輸出するルートも持っています。中古車を専門に扱うからこそ、市場のニーズを読みながら買取価格を決めることができます。

買取業者を選ぶなら、高額買取の実績と評判の良い業者を選びましょう。最強買取.jpなら、常に市場のベストプライスを提示することができます。

なお、査定額は市場の影響で常に変動するため、売却まで日数がかかると、変わってしまう恐れがあります。すぐ売却するためにも、車検証や自賠責保険証明書、納税証明書、リサイクル券、実印とその印鑑証明書(軽自動車は認印)は、あらかじめ揃えておきましょう。

最強買取jp

まとめ

自分の車の値段を正確に知るなら、中古車買取業者に査定してもらうのが一番です。正確に知れば、売却するときに業者と交渉できる材料になります。特に中古車買取業者なら、ディーラーよりも高く売れやすいでしょう。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp