車の買取に相見積もりは必須!業者選びや値段交渉のポイントも紹介

車 買取 相見積もり

車を買取に出すことは人生で多くはありません。そのため、値段を比べて慎重になってしまいますよね。少しでも高く買い取ってもらうためには、複数の業者に査定を依頼するのが鉄則です。今回は比較の方法と交渉のポイントまでたっぷりご紹介いたします。

この記事は約6分で読み終わります。
最強買取jp

車買取時は相見積もりを取った方がいいの?

車の買取時は相見積もりをとり、さらに結果を交渉のツールにも使い、できるだけ高い売却金額を目指しましょう。

車買取時は相見積もりを取った方がいいの?

そもそも「相見積もり」とは?

「相見積もり」とは、複数の業者から同じ条件で見積もりを出してもらうことです。このとき価格だけでなく、納期はいつか、その他の細かい条件も比較し、総合的にどこが一番お得かを検討します。比較することでより良い条件で契約ができるのです。

車の買取時は、この相見積もりを行い、比較検討することを強くおすすめします。なぜなら、中古車というのは、走行距離、傷、内装、オプションなどが1台1台違う、いわば一点物であり、査定する業者によって価格に差がでやすいからです。販売店も兼ねている業者であれば、販売する客層にも差があり、人気車種も違うため、おのずと査定額にも違いがでます。

相見積もりの際には、最低でも3社から見積もりを取ることをおすすめします。できるだけ多くの価格を集め、比較対象が増えればその分有利に交渉を進められるからです。

複数の業者に査定を依頼するのが面倒だと感じる場合は、ウェブサイトで一括査定のサービスを利用するのもよいでしょう。ただし、アポイントメントの電話がたくさんかかってくる…などのデメリットもあります。

最強買取jp

車買取で相見積もりを取るメリット

上記の通り、相見積もりのメリットは、より高い価格で売却することができるところです。場合によっては、同じ車でも業者によって査定額に10万円以上もの差がでたということも珍しくないようです。それほど差があるのなら、少々手間をかけたとしても、複数の業者に査定を依頼した方断然お得ですよね。

業者によって、個性や強みが違うため、同じ車を見ても査定士の評価の仕方も違います。自分の車に高い値段をつけてくれる業者を選ぶためには、実際に見積もりをとって比較する以外に方法はないのです。

また、営業マンとの相性も価格交渉に影響します。相手も人間ですから、会話の流れや雰囲気によって値段を出したり、逆にあまり交渉に応じてくれないこともありえるでしょう。よい交渉ができそうな営業マンに出会うためにも、複数社に依頼して話をしてみることに大きな意味があります。

車買取で相見積もりを取る際の注意点

「とりあえず業者に査定依頼すればいいか」と準備もなしに投げるより、ある程度の心づもりをしてから相見積もりを取った方がよい結果につながります。ここでは、どんなことに注意すべきかをご紹介いたしますね。

基本は、自分の車の買取相場がどのくらいかを調べておくことです。買取業者も儲けたいのが本音ですから、もしあなたが車の相場をわかっていないことが伝わってしまうと、業者としてはちょっと安めの金額を出してみようと考えるでしょう。足元を見られてしまっては、交渉は向こうのペースになってしまいます。

相場の下調べをしておく

そもそも「相見積もり」とは?

また、相場を知っておくと、相場よりずっと安い金額を提示してきた業者については、早い段階で検討外にすることができるので、効率よく業者を選ぶことができます。

エリアを分散して業者を選ぶ

もうひとつのコツが、近所の業者だけでなく、離れたエリアの業者にも査定依頼をすることです。地域によって客層が違えば、人気の車種も違います。例えば、郊外では軽自動車やコンパクトカーが人気ですし、ファミリー層の多い土地柄であればワゴンが好まれるといった傾向があるかもしれません。

業者の営業範囲によって、車種による価格差がでるケースもあり、土地柄は車の買取価格を左右する大きな要素ともいえます。

広い範囲の業者を比較すると、地域と価格の傾向が把握でき、業者を絞り込む際の参考にもなるでしょう。

このとき大切なのが、信頼と実績のある優良な業者を選ぶことです。悪質であったり、誠実でない業者に当たったりしないためには、ネットの口コミなどを参考にして評判のよい業者をピックアップしましょう。

最強買取jp

相見積もりで査定額アップ!車買取の値段交渉のポイント

相見積もりの価格を集めたら、もっとも査定額が高かった業者に即決!はちょっとお待ちください。ここからの値段交渉でさらに高額買取を狙いましょう。

相見積もりはオープンにする

相見積もりをする目的のひとつに、業者間での競争を促すことがあります。ですから、「複数の業者の価格を比較して決めますよ」とそれぞれの業者に気兼ねなく伝えましょう。他社の存在があることで、少しでも高い金額を出して契約につなげたい気持ちも起こりますし、下手な金額は出せないぞ、というプレッシャーを与えることもできます。初めから乗ってこない業者は、競争してまで契約を取るつもりがないということなので、無駄な手間をかけずに検討外になるでしょう。

重要な点は、時間を空けずに短い期間内で相見積もりを取ることです。長く待たせると、業者側も「本当に売る気があるのか?」と疑うようになり、気持ちが離れてしまうことがあるからです。可能ならば、同じ日に時間をずらして複数社に査定してもらうのが理想的です。長くても土日などを使って、2日程度で一気に査定を終わらせて結果を出すのがよいでしょう。

相見積もりで査定額アップ!車買取の値段交渉のポイント

相場に上乗せした金額を提示する

次に交渉のコツについてご紹介します。

下調べをしておいた相場の金額に、少し上乗せした金額から交渉を始めるのが基本です。当然のことながら、業者は相場よりも安く買い取りたいと思っているため、安めの価格から提示するはず。こちらは高く買い取ってほしいため、始めは高めの金額を言って、交渉の中で擦り合わせていくというわけです。こうすることで、お互い納得できるよい価格で折り合いがつきやすくなります。

相場より高めから始めるといっても、相場の倍もの金額を吹っかけるのは返ってマイナスです。現実的でない金額を提示してしまうと、業者からややこしそうな客だ、と思われ契約が遠のく可能性がありました。常識的な範囲で上乗せ提示をするよう注意してください。

交渉の結果、納得のいく査定額が提示され、「信頼できそう」と感じた業者を選びましょう。

気をつけたいのが、先ほどもお伝えしたように、だらだらと時間を引き延ばさないようにすることです。車の相場や流行は日々変わるため、査定後に長く時間が経過してしまうと、当初の査定額では買取してもらうことができなくなる可能性もあります。査定額が出たら、できるだけ迅速に交渉を進めましょう。

また相見積もりを取る際には、ぜひ最強買取jpにもお声かけください。弊社は輸入車年間1万台以上、国産車年間2万台以上の取り扱い台数を誇り、市場価格を知り尽くしているからこその高値買取が可能です。販路は日本国内のみならず、海外にまで広がっているため、世界各国の相場に合わせた金額を算出することができます。

最強の価格を自負している私たちに一度査定させていただければ、きっとご納得いただけるはずです。お気軽にご相談、ご連絡くださいませ。

最強買取jp

まとめ

少しでも高い値段で売却したいなら、複数の業者から相見積もりを取るのは必須です。少し面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、別の業者に聞いていればあと10万円も高かったのに!というような後悔はしたくありませんよね。少しの手間を惜しまずに相見積もりで価格を比べてみてください。その際は最強買取jpの存在をお忘れなく!誠意を持って丁寧にご対応いたします。あなたの愛車を高く評価できる私たちにぜひお任せください。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp