値段が下がらない車はあるの?値段が下がる原因や売却のコツも解説

値段が下がらない車はあるの?値段が下がる原因や売却のコツも解説

将来的に売却を考えるなら、値段が下がらない車を選ぶとお得です。でも、どんな車を選べば良いのか、わからない人も多いのではないでしょうか?今回は中古車の価値や、値段が下がらない車の特徴、車を高く売る方法を解説していきます。

この記事は約7分で読み終わります。
最強買取jp

今回は中古車の価値や、値段が下がらない車の特徴、車を高く売る方法を解説していきます。

値段が下がるスピードは車種によって違う

「一度市場に出た車」や「誰かが長年乗り続けた車」、いわゆる中古車ならどんな車でも価格が下がると思い込んでいませんか?実は、値段が下がらない車があるのです。

一般的に家具や家電などの中古品は、使用年数が少ない新品同様でも、売却価格は新品の半分以下といわれています。ところが車の場合は、車種などによって値段が下がるスピードに違いが出るため、一概にそうとは言い切れません。

もちろん車にも、中古価格を決める目安があります。総務省が発表している「中古車残価率表」です。中古車の自動車取得税を算出するために用いられるほか、中古車の取引価額を算定するときにも参考にされています。

一般的に、残価率は普通乗用車が6年、軽自動車が4年で10%まで下がるといわれています。ただし、車にはさまざまなメーカーや車種があり、人気の傾向や需要の高さは違いがあります。人気の車種によっては、中古車でも残価率どおりに値下がりするとは限らないのです。

将来的に車の転売を考えるなら、値段が下がらない車を選んで購入することが賢い選択だといえるでしょう。

最強買取jp

値段が下がらない車の特徴

それでは、値段が下がりにくい車の特徴を説明しましょう。

値段が下がりにくい車は、一概に車種だけでは決められません。というのも、ユーザーが好む車の人気は移ろいやすいもの。また、モデルチェンジも頻繁に行われ、人気があって値下がりしにくい車種はどんどん変わってしまいます。

ここでは、値下がりに強く高額での売却が期待できる車の見分け方を解説します。

新車として人気が高い車

一般的に人気があって、新車でもよく売れている車は値段が下がりにくい傾向があります。

たとえばSUVやミニバン、コンパクトカーなどがその代表例です。たしかに、生産台数などの問 

題で車種によってはそれほど中古需要が高くない商品や、人気傾向の移り変わりはあります。しかし、長年人気があるぶん需要が高く、中古でも値下がりしにくいでしょう。

ハイブリットカーも同様です。次世代の動力車としての将来性があることから人気が高く、車市場ではまだまだ品薄です。中古でもよく売れるため、比較的値段が下がりません。

モデルチェンジのサイクルが長く、イメージが安定している車

モデルチェンジまでの間隔が長く、一定のイメージが安定している車も、値段が下がりにくい車の特徴です。中古であっても、新しいモデルに乗りたいと思うのは人間の性ですよね。モデルチェンジが頻繁に行われず、見た目のイメージが変わらない車種なら旧モデルでも抵抗なく乗れるため、中古市場で人気が衰えません。

同じことは車のボディカラーにもいえます。ピンクや黄色といった個性的な色よりも、白や黒などのボディカラーのほうが高く売却しやすいとされます。これは、性別や年齢を問わず乗れる色で、一定の需要があるとされるためです。無難な車の色は社用車としての中古需要もあるため、売却価値は高いでしょう。

高級外車

ベンツやBMWといった高級外車も、中古市場で値段が下がりにくい車です。そもそも中古車は、新車では価格が高くて手が出ない車が安く購入できるのが魅力。価格が高い車のほうが中古になったときのお得感が高いため、高級車は人気があるわけです。

また、外車は日本に輸入される台数が少なく、中古でもなかなか出回りません。希少性の面からも中古需要が衰えにくいとされています。特に生産台数が少ない車種は、年数による値下がりの影響が少ない傾向にあるようです。限定モデルなどの希少車であれば、売却時に新車価格を上回る「プレミア価格」になる可能性も否定できません。

最強買取jp

車の値段が下がる原因

実際に販売店や中古車情報サイトを調べてみると、同じ車種、同じモデルでも、市場に出回っている中古車価格には大きな開きがあることが分かります。これは、中古車の値段をつけるルールが関わっているようです。では、中古車の値段が下がる原因や、査定の方法を解説しましょう。

買取業者による差はあるものの、車の査定には一定のルールがあります。日本自動車査定協会の定めた「中古車査定基準」がその基準です。とはいえ、車の乗り方や使い方によっては、価値が下がりやすい車でも、値下がりを抑えられるかもしれません。

外装や内装など、見た目へのダメージ

ボディの傷や凹み、サビや塗装はげなどがあると見た目が悪く、事故などの経歴が疑われてしまうため、中古車の買取価格が下がります。また、あからさまに他人が使った古い車である印象を受ける内装のシミや、臭いの染み付きなども敬遠される原因です。

しかし、修理すれば良いというものではありません。専門の修理業者によるものではない、傷やへこみのDIY修理は査定で減額対象になりやすいため注意が必要です。

平均を逸脱する走行距離

走行距離は車の寿命を左右するため、中古車の査定を大きく左右します。特に価値が下がるのは、年式に見合わない過走行の車。残された寿命が短い車と判断されて、安く買いたたかれてしまいます。

とはいえ、年式に見合わないほど走行距離が少ない車も問題です。倉庫に眠っていて、内部の状況が劣化しているという印象を与えてしまいます。走行距離は年式に見合った、平均的な数値であることが理想であると考えましょう。

車の不整備

日頃の整備を怠っていることも中古車の価値を下げる原因です。エンジンをはじめとする動力系統は、車の心臓部。特にエンジンンの状態が悪いと将来的な故障リスクが高いと判断されるため、買取価格が大きく下がります。

このほかに、好みのマフラーを取り付けるなどの車の改造や、ホイールやハンドルなどを純正パーツ以外にかえることも、減額対象になる一因です。

最強買取jp

自分の愛車を高く売るポイント

最後に、大事な愛車をできるだけ高く売るためにしておきたいことを紹介しましょう。

もし、愛車が値下がりしない車に当てはまらず標準的に値下がりしていく車種でも、ちょっとしたコツで査定額が下がらないこともあるため、あなたもぜひ試してみてください。

車は日頃からお手入れしながら乗る

中古車の査定額が下がるのを防ぐには、日頃から点検整備をしっかりすることが大事です。どんな車種でも、お手入れで良い状態を維持しておけばマイナス査定を避けられます。

もちろん、内装も大事です。内装にはできるだけ汚れや臭いをつけないように気を配りましょう。車内での飲食やタバコ、ペットを同乗させるときは要注意です。さらに、査定を受ける前にも車内の掃除をしておきましょう。

また、売却に必要な書類や付属品は紛失していませんか?車検証や自賠責保険証だけでなく、スペアキーや取扱い説明書、整備手帳などもあれば、そのぶん良い評価を受けられます。

購入時に付属していた物品や、社外品に交換した純正パーツも取り置きしておき、一緒に査定に出すことをおすすめします。もれなく揃えておきましょう。

売却先は中古車買取専門業者がおすすめ

愛車の高額買取りを狙うなら、中古車の買取専門業者に売却することをおすすめします。車を売ろうと考えたとき、新車で購入した販売店に問い合わせがちです。しかし、ディーラーはあくまでも新車の販売が目的。下取りに出せば、低い査定になりやすいのです。

逆に、中古車買取業者はさまざまなユーザーのニーズを把握しています。販路が広く、海外輸

出のルートも持つため、幅広い車種が必要です。そのため、値下がりしやすい車でも有利な値段で買い取ってもらうチャンスがあります。

数多くの中古車買取専門業者があって迷ってしまったら、ぜひ最強買取.jpにお問合せください。

国産車は年間2万台以上、輸入車も1万台以上と、取扱量は全国トップクラスです。アプリを使って簡単に査定が出るため、どこに住んでいてもいつでも利用ができます。これなら、忙しい人でも安心です。

最強買取jp

まとめ

比較的値段が下がらない車でも、安易な気持ちで査定にだすのはNGです。安く買いたたかれてしまうかもしれません。

丁寧に乗り続けながら売却方法のコツを守れば、中古車でも良い評価を受けられます。あなたも愛車の高額査定を狙いましょう。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp