高く売れる車の4つの特徴!人気車選びのポイントや売り方も解説

高く売れる車の4つの特徴!人気車選びのポイントや売り方も解説

車を頻繁に乗り換える人は、新車を購入するときに「この車は数年後に売るときに高く売れるだろうか」と考えてしまうものです。そこで今回は、売却価格を重視する人のために、どんな車が高く売れるのか、その特徴をご紹介します。新車を購入するときの参考にしてみてください。

この記事は約6分で読み終わります。
最強買取jp

新車を購入する前に知っておきたい高く売れる車

新車を購入するなら、将来的に高く売れる車を選びたいものですよね。何年か乗ったあとに高い金額で売却することができれば、買い替えの資金にもなります。

「販売台数が多い=人気が高い=高く売れる」というイメージがありますが、実は、人気車種

が必ずしも高く売れるというわけではありません。人気の車は新車台数が多いので中古車の台数も増え、需要・供給バランスの結果として価格が下がってしまう可能性もあります。

では、どんな車が高く売れるのでしょうか?

最強買取jp

高く売れる車の4つの特徴

中古車として高く売れる車の特徴は4つあります。新車購入の際の参考にしてみてください。

1.高級車

新車価格が高い高級車は売却時の価格も高くなります。さらに中古車市場でも一定の需要があるため、価格が極端に下がることは考えにくいのです。需要が高い理由は、新車では手が出せないけれど、中古車であれば買えるという人が多くいるからです。

また、海外で人気の車種も狙い目です。ランドクルーザーやハイスペックのスポーツカーなどは、国内だけでなく海外での需要も高い傾向にあります。そのため、売却価格が高くなりやすいのです。

2.色は白や黒、シルバーが人気

車体の色によっても、売却価格に大きな差が出ることがあります。高く売れるのは、誰でも選びやすい白、黒、シルバーといった色です。

その一方で、個性的な外装色の場合には、中古車市場でのニーズが低く、売却価格も低くなってしまいます。

3.名車

トヨタ・スープラ、ホンダ・シビック、日産・スカイラインGT-Rやシルビアなどの名車は、低年式であっても高い価格で取引されています。また、トヨタ・レビンやトレノなど、後に漫画に取り上げられて、世界的な人気を獲得する車もあります。

80年代に製造された車の中には新車販売時の価格の2倍以上になっているものもあるようです。

新車購入時に「これは20年後に名車となるだろう」と予測することは困難ですが…車の仕上がりや、発売時の評価などを冷静に観察してみましょう。

4.軽自動車やハイブリットカーも狙い目

維持費の安い軽自動車や環境にやさしいハイブリッドカーは、人気が継続していく可能性が高い車です。特に軽自動車は維持費が安いことから需要が高い車になります。将来性を考えると、最近のトレンドに沿った車を選ぶのはアリかもしれません。

最強買取jp

中古車の査定方法をチェック!

高く売るために知っておきたいのが中古車の査定方法です。どこが査定のポイントになるのか知っておくと、売却のタイミングを自分で見極められるようになりますよ。

先ほど説明した車種は、車が高く売れるかどうかを左右する大きなポイントです。しかし、同じくらい重要なのが車の状態でしょう。そして、車の状態を評価する際の大きなウエイトを占めるのが、年式と走行距離です。

・高年式の車のほうが査定は高い

年式が新しい車のほうが、当然ながら高く査定してもらえます。とくに、車検のタイミングをきっかけとして売却するケースが多いようで、車齢3年・5年・7年の車は中古車市場に多く出回っているようです。その一方で「10年」「10万キロ」など、一般的に大きめの整備が必要となる時期の車については、高価査定はなかなか難しいでしょう。

・走行距離が短い車のほうが査定は高い

走行距離10万キロを超えると、大きな整備が必要となり、大きな出費が想定されます。そのため、走行距離が10万キロ前後になると高価査定は難しくなります

なお、年式と走行距離が査定額を左右する大きなポイントと説明しましたが、大事なのは年式と走行距離のバランスがとれていることです。

たとえば、3年落ちなのに走行距離は8万キロ近いといった、走行距離がかなりある高年式の車だと、査定額は低くなります。

逆に、5年落ちだけど走行距離が5,000キロといった、年式が比較的新しめだけど走行距離が少ないという車も、査定額は低くなりがちです。走っていない期間が長い車は倉庫に眠っていた可能性があり、エンジンに不調が表れるリスクが高くなるため敬遠されがちです。

最強買取jp

車を高く売るためのポイント

ちょっとしたお手入れやタイミングを見計らうことで、いま乗っている車を高く売却することができます。2つのポイントをご紹介しますので、実践してみてください。

売却前にお手入れをする

・車はきれいなほうが高く売れる

外装・内装がきれいであるかということも、査定額に影響します。車のシートにシミがあったり、革張りのシートが破けていたりすると、査定額が下がってしまうのは避けられません。

購入したときから、車内を汚したり傷つけたりしないように、大切に扱うことを心掛けましょう。売却前には洗車・車内を掃除しておくようにすると、車の印象をよくすることができますよ。

車の査定額を左右するポイントのひとつに、車内の匂いがあります。タバコ臭がきつい車は、査定額が下がってしまいます。

・付属品は揃えておく

新車時の保証書やスペアキー、整備手帳もきちんと揃えておくと良いでしょう。付属品が揃っている車のほうが、買い手がつきやすくなるため査定額も上がります。

・社外品の取り付け

なんらかの部品を社外品に取り替えた場合には、可能な限り純正部品を保管しておきましょう。例えば有名チューニングメーカーのパーツを取り付けた場合には、そのパーツの価値も含めて高価査定につながる可能性もあります。その一方で、不人気だったりアンバランスなチューニングだったり…という場合には、純正品に戻した方が価値が上がることもあります。

また、車検非対応部品をつけてしまった場合には、必ず、純正品を残しておきましょう。

売却先を選ぶ

・中古車買取り専門業者への売却がおすすめ

ディーラーや販売店への「下取り」よりも、中古車買取り専門業者への売却のほうが高く買取りしてもらえるケースが多いようです。

中古車買取り専門業者は、販路が広く、幅広い車種を必要としているので、高く売れることが期待できます。また、査定や手続きがスムーズなので、車を売却する際の時間や手間も少なくて便利です。

車の売却を考えているのであれば、買取実績豊富な最強買取.jpにお任せください!

最強買取jp

まとめ

どの車を購入するかで、高く売れるかどうかが決まります。高く売れる車の4つの特徴は、高級車、白・黒・シルバーなど定番色の車、名車や有名人が乗っていて人気が出た車、軽自動車やハイブリットカーです。

新車を購入する際には、この4つの特徴を抑えた車を購入するなら、3年後、5年後に車を売却する際に、高く売ることができるでしょう。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp