修復歴のある車でも買取できる!事故歴・修復歴があったら伝えよう

車買取 修復歴

車を売る際に「事故車や修復歴のある車は売れないのではないか」と心配の方も多いのではないでしょうか?ずばり、売却を諦めることはありません。事故車や修復歴のある車でも売れる可能性は大いにあります。ここでは、知っておきたい知識と注意点がありますので、詳しくお伝えしていきます。

この記事は約6分で読み終わります。
最強買取jp

修復歴ありでも買取可能!査定額への影響は?

過去に修理をした車でも買取ってくれる業者はあります。修復歴が査定額にどのように影響するかをみていきましょう。

修復歴がある車でも買取には出せる

事故車は修理したことがある車でも買取には出すことができます。しかし、残念ながら査定額が下がってしまうことが多いのが事実です。

これらは自動車買取の場面で使われる言葉と、その一般的な意味合いです。

・事故歴…事故や災害に遭ったことがある。

・修理歴…パーツに関わらず、修理をしたことがある。

・修復歴…交通事故や災害により、自動車の骨格が損傷し、交換あるいは修復した車

ところが「事故歴」や「修理歴」という言葉は、査定基準に定められたものではありません。査定の業界において重要なのは「修復歴」で、車の骨格=フレームにあたる部位を交換したり、修理したりしているか否かが判断基準となります。

例えば、事故車といっても「軽い接触事故で車をこすってしまった」程度であれば「修復歴車」とはみなさない場合がほとんどです。このように事故車であっても査定額には影響しないケースもあるので、始めから諦めずに一度査定に出してみましょう。

修復歴のある車の買取相場

修復歴車は買取ができないことはありませんが、程度や状況によって査定額に影響がでます。車種や状態によっては大幅な値下がりとなってしまうことがあります。

ただし、絶版車などでマニアの間で人気がある車種であれば、修復歴があったとしても高値で買取してもらえる場合もあります。

また、きちんと修復されており、走行に影響がない状態であれば、買取をしてもらえる可能性は大いにあります。しかし、走行に支障が出るような状態の場合には大幅な減額も想定されます。ただ、一般的なドライバーが判断することは困難であり、まずは査定員に相談してみましょう。

最強買取jp

車の買取額に影響を与える修復歴とは

次に「修復歴」について詳しくご説明します。

「修復歴車」の定義

修復歴車の定義とは「車の骨格となる部分の修復や交換をした車」となります。これは、1997年に自動車公正取引委員会や日本自動車査定協会などによって定められたものです。

では「車の骨格となる部分」って具体的にはどこ?という疑問がわいてきますよね。

以下9つのパーツがそれに該当します。

・フレーム

・フロントクロスメンバー

・フロントインサイドパネル

・ピラー

・ダッシュパネル

・ルーフパネル

・ルームフロアパネル

・トランクフロアパネル

・ラジエターコアサポート※

これらの部分に損傷があったり、修復された跡があったりするものを「修復歴車」とみなします。

※ラジエターコアサポートについては、協会・委員会により定義が異なり「交換されていて、近隣部分にへこみや曲がりがある場合」や「交換した場合」などを意味します。

修復歴車を見分けるには

修復歴濃霧の判断は、かなり難しいように思えますが、プロの査定士はすぐに見分けます査定すればすぐにわかります。

査定士は細部にわたるまで徹底的にチェックするため、あるパーツがきれいに交換されていたとしても、色の違いや工具の跡などから交換歴を見つけます。ベテランの査定士なら見落としの発生率は2%ともいわれており、その正確性は相当なものです。

ちなみに、査定の際にまずはチェックする基本的な項目としては以下の3つが挙げられます。

・フレーム修正の有無

・ヒンジ(ドアやボンネットをつなぐ部品)、シール剤の状態

・工具を使用した形跡

これらの部分から査定士は修復歴があるかどうかの痕跡を見つけます。

最強買取jp

事故歴・修復歴ありでも正直に伝えよう

スムーズに車を売却するために重要なのが、事実は正確に、正直に伝えるということです。事故車や修復歴車は査定額が下がると聞くと、だまっておきたくなるかもしれませんが、これは絶対にタブーです。

事故歴・修復歴は隠していてもばれる

事故歴や修復歴という不利な情報を提供したくない気持ちはわかりますが、正直に申告するようにしましょう。先述の通りプロの査定士の目は確かですから、見つからないかも、という安易な気持ちで査定に出しても、ほとんどの場合は見つかると思っておいた方がよいでしょう。

多くの場合は、売主側に修復歴についての申告義務がある、と契約書にも明記されており、隠してしまうと告知義務違反ということになってしまいます。

売買はお互いの信用の上に成り立つものですから、売主が情報を隠したことが後に判明した場合、互いの信頼関係が崩れ、査定額に影響することも考えられます。その他、トラブルにつながるリスクが高いため、たとえ不利な情報であっても正直に申告しましょう。

評判の良い、信頼できる買取業者を選ぶ

事故歴や修復歴のある車を売却する際、特に気をつけたいのが、買取業者の選定です。このような車は売主側に不利な条件を持っているため、修復歴を理由に不当なまでに安い価格を提示してくる業者もいるようです。そうなると売主としては強気に出ることができず、提示額を飲まざるを得ないこともあります。

適正に営業している業者であれば、事故歴、修復歴を客観的に査定して、妥当な査定額を提示します。買取を選ぶ際には口コミなどを参考に、評判のよい業者を選びましょう。

販路が広く実績の高い業者を選ぶのも重要です。海外にも販路がある業者であれば、修復歴による査定額の減額を少なく抑えることが可能です。なぜかというと、日本国内では修復歴がかなり重要視されていますが、海外ではそれほど重要視されない国もあるからです。

そして、買取を依頼する前にはある程度の知識をつけておくことも重要です。この記事を読んでいる方は、何が査定額に影響するか、大まかにご理解いただけたと思いますので、ひとまずは安心でしょう。どの部位を修理していれば修復歴車となるのかなど、全く知識がなければ、悪徳業者に当たってしまった場合、つけこまれる可能性もあります。売主にも一定の知識があれば、リスクが少なくなりますし、スムーズに取引が進むでしょう。

1社だけの査定額では不安と感じるなら、複数社に査定を依頼して比較してみるのも方法です。

最強買取jpでは修復歴のある場合でも、「あら探し」ではなく愛車の「価値を見出すため」に査定します。修復歴があると「どうせ安い値段しかつかないだろう…」と思い込んでいる方、ぜひ一度ご相談ください。

また、修復歴についてのご質問や疑問点などあれば、経験豊かな査定士が迅速かつ丁寧に対応します。

最強買取jp

まとめ

修復歴のある車には高値はつかないだろうという先入観をお持ちの方は多いはずです。確

かに査定額が安くなりがちなことは事実ですが、プロの目を持ち、誠実に対応してくれる業者を選べば、ダメージを最小限に抑えられます。そして、今回お伝えした査定額に影響するポイントをチェックしておくことも大切です。

愛車を手放すことをご検討中の場合には、最強買取jpにおまかせください。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp