軽自動車を高く売るコツは?

軽自動車 買い替え

軽自動車のオーナー様には、メインの1台としている方、セカンドカーとしている方、さまざまなでしょう。もし軽自動車を手放すなら、せっかくならなるべく高く売りたいものですよね。軽自動車の買取価格は、車種や年式などにより相場が決まっていますが、それでもあなたの工夫次第で査定額が変わってきます。では、軽自動車を高く売るにはどうすればいいのか、そのコツを解説していきます。

この記事は約6分で読み終わります。
最強買取jp

軽自動車を高く売るコツ!買取価格に影響を与える要素

軽自動車を高く売るには、何が軽自動車の買取価格に影響を与えるのか知っておく必要があります。

走行距離

軽自動車を買取に出す際に、走行距離は買取価格を決める大きな要素です。基本的に走行距離が長すぎると、買取価格が下がることがあります。高年式の軽自動車でも走行距離が長いと、あまり高くは買い取ってもらえません。特に走行距離が8万キロを超えている軽自動車は、買取価格が大幅に下がる可能性があります。

しかし、走行距離が不自然に短いと不具合を疑われて、安くなってしまうこともあります。軽自動車なら、1年間で8,000キロ程度が走行距離の目安になるといわれています。

モデルチェンジ

自動車メーカーでは、次々と新しいモデルの車を発売しています。モデルチェンジすると、旧モデルの車にはなかった最新の装備が搭載されたり、使いづらかった点が改良されたりします。そのため、旧モデルの人気は相対的に下がり、買取価格も下がることがほとんどです。

モデルチェンジをすることが決まっている車を売るなら、それよりも前に売っておくのがいいでしょう。

とはいえ、逆にモデルチェンジを機に旧モデルの買取価格が上がるケースも見られます。旧モデルの人気が高かった場合や、新モデルの評判がよくない場合などには、特に、旧モデルの需要が高まるため、買取価格も上がりやすくなります。

修復歴

修復歴のある車は、買取価格が下がりやすいとされています。ただし、修復歴とは単に修理をしたことがあるという意味ではありません。査定基準では、フレーム部分を損傷し、修復したことがある車が修復歴車に該当します。事故に遭ったことがある車でも、フレーム部分が無事だった場合には修復歴には該当しません。

たとえば、ドアパネルは骨格(フレーム)ではないため、ドアをぶつけて板金修理をしたとしても「修復歴車」には該当しません。

買取業者

軽自動車の買取価格は、業者によって差があります。たとえば、同じ車種の在庫が十分にあると、買取価格が下がってしまうことがよくあるようです。業者によって買取を強化している車種やモデルが異なります。軽自動車をできるだけ高く売るには、複数の買取業者に査定してもらうのが良いでしょう。

最強買取jp

高く売るのに最適なタイミングは?

軽自動車を高く売るには、タイミングも重要です。では、どんなタイミングで売ればいいのか見ていきましょう。

車検

軽自動車の売却を検討するなら、車検はひとつの大きな目安になります。このタイミングで次の車検まで乗り続けるか、新しい車に買い換えるかを検討する人が多いためです。

新車で購入して1回目の車検のタイミングなら、購入から3年経過しているでしょう。軽自動車を高く売りたいのであれば、ちょうど良い時期です。メーカーの基本保証の期間内であることもあり、リセールバリューが期待できます。

3年で買い換えるのは早すぎると思っている人でも、2回目の車検を迎える頃には売却を検討することは多いです。2回目の車検なら、購入から5年は経っているため、普段の使い方によっては、5年を過ぎたあたりから、不具合が出てくることもあります。

タイヤなども交換が必要になる時期です。延長保証が期限を迎えるというような事情もあり、売却するなら良いタイミングといえます。

3回目の車検を迎えるのは、購入から7年経過したときです。このタイミングで売却しないのであれば、乗り潰す方向で考えるのがいいでしょう。不具合なく乗れるのも、高価買取が狙えるのも、このくらいの時期までです。

ライフスタイルの変化

軽自動車の買い替えは、ライフスタイルの変化に合わせることも大事です。現在乗っている軽自動車が不便に感じるようになってきたら、買い替えのタイミングととらえましょう。たとえば家族が増えて窮屈になったら、もっと車内スペースの広い車に買い換えるという具合です。

軽自動車の乗車定員は基本的に4人であるため、夫婦と子供2人の4人家族なら家族全員で乗れます。しかし、狭すぎて不便だと感じるようであれば、我慢して乗り続けるよりも、買い替えを検討した方が賢明です。

車の価値は、基本的に年月が経過すればするほど下がります。我慢して乗り続けても、価値が上がることはほとんどありません。早い段階で売却を決断すれば、価値が高いうちに売れるので、新しい車を買う資金の足しにもなります。

中古車の需要が高まる時期

中古車の需要が高まる時期の少し前あたりは、買取価格の相場が上がることがよくあります。軽自動車の場合、春先に中古車の需要が高まるようです。なぜなら、主に地方などでは、ちょうど就職が決まって車通勤をするために、中古の軽自動車を購入する人が多いためです。

また、軽自動車は年度途中で売却しても税金が還付されません。軽自動車税は4月1日時点での所有者に課税されるため、売却するなら2月から3月にかけての時期がちょうど良いタイミングです。

ただ、買取業者によっては、高く売れる時期は異なります。4月以降の方が高く売れるところもあれば、夏から秋にかけての時期の方が高く売れるところもあり、業者によってまちまちです。

軽自動車を高く売るなら中古専門の買取業者がおすすめ!

軽自動車を売却する業者選びで迷っているなら、なるべく中古車買取の専門業者に売るのがおすすめです。

専門業者ならではのメリット

最強買取jpは「中古車買取専門業者」として買取査定の専門知識と、幅広い販路を有しています。輸入車やスポーツカーはもちろんのこと、軽自動車も取り扱います。

また、LINE査定を採用した全国対応であるため地方在住でも利用可能です。そのなかでも、高額買取の実績がある業者を選ぶのがいいでしょう。

最強買取jp

まとめ

軽自動車を売るときには、売るタイミングや走行距離などが大事です。タイミングが少し違うだけで、買取価格も違ってきます。なるべく車検を迎える時期や中古の軽自動車の需要が増える2月から3月にかけての時期に売るといいでしょう。

また、買取業者によって買取額に差があります。近くの業者に売るよりも、販路が広い全国展開の専門業者に売るのがおすすめです。高く売れれば、次に買う車の足しにもなるでしょう。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp