車検切れの車も買取可能!車検切れは査定額に影響する?

車 買取 車検 切れ アイキャッチ

車を売りたいと考えているものの、その車が車検切れという場合、買取ってもらえるのか不安に思っている方もいることでしょう。仮に買取が可能としても、査定額に影響があるのなら、車検に出したほうがいいですよね。今回は、車検切れの車は売れるのか、査定額にどう影響があるのか解説します。

この記事は約5分で読み終わります。
最強買取jp

車検切れの車は買取できる!

買い替えを考えていた車の車検が切れていたら、どうしますか?まずは「車検に出して、それからでないと売れないのでは?」と考える方もいることでしょう。

しかし、車検切れの車だからといって売れないことはありません。車検切れの車でも買取は可能です。

車検切れの車も買取可能

ほとんどの業者で買取可能

中古車を購入するにあたって多くの人が確認するポイントが、「車検の残存期間」です。なので、車を売るとなったときに車検切れは好ましくないように思えますよね。

しかし、実際には車検切れでも買取業者は、買取車両を様々なルートで活用するので大きな問題ではありません。様々なルートというのは業者オークション、店頭販売、輸出などです。

業者オークションに出す場合や店頭販売の場合には、車検の残存期間の有無が再販のしやすさや価格に影響する可能性があります。しかし、輸出の場合には日本の車検制度は適用されないため、車検切れかどうかは関係がありません。

とくに高級車・低走行・高年式の車の場合には、車検の有無より、その車両自体やオプションなどが高評価されるケースが多いため、買取を選択肢とすることが大切です。

買取に出すときに必要なもの

車検切れの車を買取に出す場合は、必要なものをすべて揃えて、何度も買取業者に足を運ぶということは避けたいもの。

買取に出すときに必要なものを挙げていきますので、きちんと準備しておくようにしましょう。

取に出すときに必要なもの

・車検証

車検切れをしているかどうかに関わらず、必要なものです。車検証は、車の所有者や使用者などの情報を知ることができるものなので、きちんと準備しておきましょう。もしも車検証がない場合は、再発行の手続きをした上で買取に出さなければなりません。車検証の再発行は、自分で運輸支局に行って発行することもできますし、代行手数料を払って販売店で行うこ

ともできます。

・自賠責保険証

法律により加入することが定められている保険です。車検切れの場合には、自賠責保険も切れているケースが多く見られます。

・納税証明書

車の所有者・使用者が支払う自動車税の納税証明書です。車検が切れていて、使用していない車でも、廃車手続きなどをしていない限り、支払う必要があります。紛失してしまった場合は、都道府県の税事務所で再発行してもらいましょう。

・印鑑登録証明書

車を売却する際に譲渡証明書に押印する必要があります。このときに使うのは印鑑登録証明書に登録されている実印です。実印の登録を証明するために、印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)が必要とされます。

・リサイクル券

車を売却する場合、車の購入時に支払ったリサイクル料金は戻ってくるので、リサイクル券を用意しておきましょう。リサイクル料金を支払ったものの、リサイクル券を紛失してしまった場合は、運輸支局で再発行することが可能です。また車検証があれば、車の買取業者でも確認してもらうことは可能なので、その場合は再発行する必要はありません。

ほかに用意しておきたいものに、点検整備記録簿や取扱説明書があります。

これらは車を買取業者に出す際に必ず必要というわけではありませんが、査定が有利に働くこともありますので、用意しておきましょう。

最強買取jp

車検切れは査定額にどう影響する?

車検切れの車でも買取に出せるとはいえ、車検切れだと査定額が安くなるのでは?という不安もありますよね。では、車検切れだと、査定額が安くなってしまったりするのか、みていきましょう。

車検切れは査定額にもほとんど影響なし

意外に思うかもしれませんが、買取査定に際して車検切れの影響は大きくありません。なので、わざわざ車検を済ませてから、買取業者に出す必要はないといえます。

ただし、車検が切れてから年月の経過した車は、しばらく動いていないものと想定され、部品や油脂類の劣化が考えられます。車検切れが査定額にほとんど影響しないとはいえ、車を放置すると車の価値が下がる可能性も覚えておきましょう。

車検を済ませてから買取に出すのは損

車を少しでも高く売りたいからと、車検を済ませてから買取に出すのはお得になるのでしょうか?

結論からいうと、車を手放すことが決定しているのに、車検に出す必要はありません。

車検整備費用のほかに、消耗品や劣化部品の交換など、合計で10万円以上の出費が考えられます。そう考えると、「車検残存期間が長い」という理由だけでプラス査定となる金額より、車検に出すことでかかる費用が高くつく可能性が高いのです。

車検を済ませてから買取に出すのは損

少しでも査定額を上げたいなら

車検切れの車の査定額を少しでも上げたいなら、次のことを実践してみましょう。

・車内の掃除をして綺麗な状態で買取に出す。

社内が綺麗に掃除されていると、担当者に良い印象を与えることができます。また、次の人に売る際も薦めやすいため、査定額が少しプラスされる可能性があります。

・付属品をきちんと揃えておく。

車の取扱説明書や整備手帳、スペアキーなどを揃えておきましょう。これらの付属品がないと、査定額が下がってしまいます。

・カスタマイズしているなら純正パーツに戻しておく。

カスタマイズしている車は、評価が下がる可能性もあるので、純正パーツに戻しておくようにおすすめします。

最強買取jp

車検切れの車は買取店に自分で持ち込みできない

車検切れの車を売るデメリットとして、車検切れの車は公道を走ることができないという点が挙げられます。そのため買取業者に出張査定・引取りを依頼することとなり、キャリアカーなどを手配することとなれば、業者によっては「引取り手数料」として買取額から減産される可能性もあります。

まとめ

車検切れの車でも買取は可能です。車検が切れたからといって廃車扱いにする必要はありません。買取業者に相談するようにおすすめします。最強買取では、出張買取にも対応していますので、車検切れの車の売却を考えているなら、ご相談ください。

投稿者プロフィール

最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン編集部最強買取マガジン編集部
最強買取マガジン 編集部です、 自動車に関する情報~「自動車を売りたい方」に役立つ知識や情報をお届けしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で最強買取jpをフォローしよう!

最強買取jp